人気者になると指名されるかも?

ドライバーとして魅力があると、お客さんの方からわざわざ指名を頂く場合があります。リピートに繋がるので売り上げにも響きますよ。話題になるとテレビで持ち上げられる可能性もあります。

タクシードライバーを目指した理由ベスト5

no.1

今より安定した生活がしたい

多く稼ぎたい場合、注目すべきところは歩合制であるかです。タクシーの給与形態だと月間の売り上げと歩合率が給与になるため、頑張れば頑張る程給与が上がっていきます。やる気にも繋がるため、ほとんどの求職者が歩合制かどうかをチェックします。

no.2

人間関係のもつれ

大企業で安定した仕事と収入だったが、毎日顔を合わせる上司や同僚と馬が合わず、仕事にも支障が出てきたためやむなく退職をしたなんて人もいます。タクシードライバーは、一人の時間が多くなるため自分のペースで仕事ができる点が大きな魅力です。

no.3

刺激になるから

チームワークが求められる仕事や、毎日同じ作業の繰り返しは正直飽きがきてしまいますが、毎日変化がほしい場合は迷わずタクシードライバーを選択しています。乗車させる客層も違いますし、色々な話が聞けるのが唯一の楽しみです。

no.4

調整ができる

夜勤や日勤といったように、タクシー求人にもその人に合った仕事ができるよう様々な労働形態を設けています。例えば、丸一日働いて次の日はゆっくりしたい場合や、日勤夜勤をこなし、毎日働きたい等自分に合った労働方法が選べます。

no.5

コミュニケーションの向上

人を乗せるため、ある程度のコミュニケーションは必要です。そのため、人との関わり方を学ぶためタクシードライバーの求人に応募をする傾向が強いようです。仕事をする上で人見知りを解消できた人もおり、効果は絶大です。

研修内容をチェック

ミニチュアタクシー

まずは二種免許の取得から

一種免許を持っている場合は、人を乗せて走るために必要な二種免許の取得をする必要があります。会社によって日程は違いますが、一週間から二週間程度指定された教習所に通っていただきタクシーの二種免許を取得します。

地理の講習を受ける

タクシードライバーに必要なのは、幅広い地理力です。そのため、タクシー会社に就職が決まったら地理の講習を必ず受けないといけません。数日間、地理を猛勉強してもらい合格すれば晴れてドライバーの仲間入りです。

マナーを学ぶ

無事二種免許を取得した後は、マナーの勉強やメーターの機械操作と実習が待っています。乗務員として必要最低限のマナーはこの研修で習得できるため、まったくの初心者も研修完了日にはプロと同じように接客ができます。

指導に入る

実際に公道で走る場合は、隣に指導者を乗せて行なうのが一般的です。実際に営業をしてもらい、その都度指導とアドバイスをもらうというスタンスなので乗務中に使えるコツと手順を体に叩きつけることができます。

いよいよ一人立ち

指導者が問題ないと判断した場合と、研修期間を満了した時にやっと独り立ちができます。未経験だとわからないことが多々ありますが、マニュアル通りに行なえば問題はありません。慣れてくるとお客さんと自然に会話ができるので楽しくなるでしょう。

広告募集中